メインメニュー
学校紹介
肱中日記のカテゴリー

2016年11月7日(月曜日)

3校時の授業の様子

カテゴリー: - hijikawa-01 @ 11時46分41秒

今日は立冬。朝晩の冷え込みが厳しくなりました。

皆さん、体調管理には十分お気を付けください。

 

2年生は、英語の授業です。

2年生教室では、風邪気味でマスク着用の生徒が半数以上います。

スティービー・ワンダーの曲を歌って、いい雰囲気で授業が始まります。

20161107lessons000.jpg20161107lessons001.jpg

英語が、世界の共通語として話されていることを勉強しています。

日本でも、年々英語教育に力が入れられています。 

小学校では、これまで5・6年生で行われていた外国語活動の時間が、2020年から英語科になり、授業として扱われるようになります。

また、中学校卒業時の英語力が、英語検定3級以上になることを、国を挙げて目指しています。

本校の生徒には、もっともっと英語の学習に主体的に取り組み、実力をつけてほしいと思っています。

世界に羽ばたけ、肱川の子どもたち!

20161107lessons003.jpg 20161107lessons002.jpg

1年生は、技術科の授業です。

木材の性質について学習しています。

肱川は、昔から林業が主要な産業でした。

貴重な財産である山林は、今も豊富にあります。

肱川の将来は、これをどうやって活用するかにかかっています。

日本のヒノキの良さにいち早く目を付けた外国の業者が、山林ごと購入しているというニュースも目にしました。

肱川の資源は、自らの手で守り育て、活用していきましょう。

未来の肱川を頼んだぞ、若者たち!

  

20161107lessons006.jpg20161107lessons007.jpg20161107lessons008.jpg

20161107lessons009.jpg20161107lessons010.jpg20161107lessons011.jpg

20161107lessons012.jpg

3年生は、理科の授業です。

私が学んだころの理科とは変わり、ニュートンとかジュールとかいう単位が使われています。

んん〜ん、何のこっちゃ!難しい。

日本が次々とノーベル賞受賞者を出すのも、これまでの物理学や化学などの基礎研究を大切にしてきたからだといわれています。

この中からも未来のノーベル賞受賞者が出てくるかも・・・。

「肱川中学校」の看板を書いてくださったのも、ノーベル賞受賞者第1号の湯川秀樹博士ですからね。

目指せノーベル賞、輝け、肱川中の生徒たち!

20161107lessons005.jpg20161107lessons004.jpg 20161107lessons014.jpg20161107lessons013.jpg 20161107lessons015.jpg20161107lessons016.jpg         


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 肱川中学校